白内障の術後に掛けるサングラスって?

眼鏡コンサルタントともぞうです。

最近白内障の術後にサングラスを買いに来られるお客様が多い気がします。コロナも落ち着いてきて眼科での手術も再開されたのでしょうか?

では白内障の術後に掛けるのはどのようなサングラスが良いのでしょうか?

白内障の手術は濁った水晶体を取って眼内レンズを入れる手術、現在では日帰り手術も増えてますね。術後に一番困ることは傷の痛みなどではなく「光が眩しく見える事」だそうです。
確かに今まで濁った水晶体を通して見てた世界が、濁りの無いクリアな世界に見えるので眩しく見えて当たり前かも知れませんね。特に外出するときはかなり眩しく見えて、逆に苦痛を感じる方もいらっしゃいます。そんな方にはもちろんサングラスがおススメです。

そんな時におススメなのは大きめの色の濃いサングラス。またレンズはレンズの下部が薄くなってるグラデーションのレンズカラーがおススメです。大き目のフレームだとホコリなどから傷口を保護することも出来ますし、グラデーションのレンズだと足元を見たときに暗くなりすぎないから便利です。


もし度数入りサングラスをお考えの場合は、出来れば3か月以上経ってから度数入りにレンズ交換することをおススメします。傷口が治癒する間に度数が変わってしまうので。どうしても度数が必要な場合はあまり高価なレンズを使用せず、一時的に使用できるくらいの金額のレンズを入れるのがおススメです。

『眼鏡コンサルタントともぞう』
眼や眼鏡に関する無料相談会を行っております。(予約制)詳しくは店舗にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください。
眼鏡コンサルタントともぞうでした。

【ともぞうSNS】

           

【ルホソル芦屋 SNS】
         

 

新型コロナ感染防止対策について

・アルコール消毒による店内の清掃を定期的に行っております。

・店舗のドアと窓を開放し常時、空気の入れ替え・換気を行っております。

・スタッフのマスク着用、細めな手洗い・手指消毒を徹底しております。

・ご来店予約も受け付けております。お気軽にお電話ください。

 

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。