【おススメ】この冬はコンタクトレンズよりも眼鏡⁇

眼鏡コンサルタントともぞうです。

 

コロナが落ち着いてもまだ在宅勤務やテレワークが多いって聞きますね。そんな方たちのお仕事の大半はパソコン作業。特にこの時期は暖房の効いた部屋での作業になるので乾燥が気になるところ。そんな方にはコンタクトレンズよりも眼鏡がおススメです。

なぜコンタクトレンズよりも眼鏡が良いの??
コンタクトレンズ装用者の方なら一度は聞いたことのある「眼にはコンタクトよりも眼鏡が良い」っていうセリフ。なぜだかご存じですか?実はともぞうもコンタクトレンズ装用者です。今回のブログでなぜだか簡単にご説明しましょう。

人間の眼の角膜は涙から酸素を吸収することで栄養を得ています。だから人間は瞬きをするんですね。瞬きをすると涙と脂分が分泌される仕組みになってます。その涙は角膜に酸素を供給して、脂分はその涙液層を覆って乾燥を防ぐ役割をしています。

コンタクトレンズをするとどうなるか?
ソフトコンタクトレンズの場合は角膜全体を覆ってしまうことになるので涙からの酸素供給が裸眼に比べると劣ってしまいます。(だからコンタクトレンズには酸素透過率が重要で、その酸素透過率が低いと酸素が十分に角膜に行き渡らないと充血したり角膜を痛める原因になります
だから理由は簡単。角膜が酸素不足にならない裸眼で眼鏡を掛けるのが良いに決まってますよね。
しかもパソコン作業などでモニター画面に集中すると瞬きの回数が極端に減ってしまいます。そうなると余計に角膜が酸素を吸収することが出来なくなる。。。。。

でも安心してください。最近多い使い捨てコンタクトレンズの酸素透過率が高くなってるので怪しい安価なものでなければ眼には問題はないのかも知れません。でも長時間のパソコン作業で瞬きの回数が減少する状況下ではコンタクトレンズよりも眼鏡の方が良いに決まってますよね。

まとめ
いかがでしたか?長時間のパソコン作業が必須になってきている最近のライフワーク。眼の健康を考えると眼鏡の方が良いことがわかっていただけたでしょうか?ただ眼鏡の度数が合ってないと別の理由で眼の健康に悪いので、ぜひ眼科や眼鏡店で相談されることをおススメします。

『眼鏡コンサルタントともぞう』
眼や眼鏡に関する無料相談会を行っております。(予約制)詳しくは店舗にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください。
眼鏡コンサルタントともぞうでした。

【ともぞうSNS】

           

【ルホソル芦屋 SNS】
         

 

新型コロナ感染防止対策について

・アルコール消毒による店内の清掃を定期的に行っております。

・店舗のドアと窓を開放し常時、空気の入れ替え・換気を行っております。

・スタッフのマスク着用、細めな手洗い・手指消毒を徹底しております。

・ご来店予約も受け付けております。お気軽にお電話ください。

 

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。